竹内涼真のドラマ「テセウスの船」にツッコミ! 原作と犯人は違う? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内涼真のドラマ「テセウスの船」にツッコミ! 原作と犯人は違う?

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「テセウスの船」(TBS系 日曜21:00~)をウォッチした。

【画像】テセウスの親子にはこのCMがめっちゃ似合う!?

*  *  *
 今季一番考察祭りが熱いのはこのドラマ。平成元年、山間の小さな村の音臼小学校で起きた毒殺事件。オレンジジュースに青酸カリが混入され、児童18人、職員3人が死亡した。

 犯人として逮捕されたのは、村の警察官・佐野文吾(鈴木亮平)。逮捕後に生まれた息子の心(しん=竹内涼真)は、31年後に事件現場を訪れる。すると突如吹雪がゴーッ、霧がモヤ~。あれよあれよと平成元年の事件直前にタイムスリップだ。

「俺の父親は本当に犯人なのか?」。真犯人を突き止めて、事件を阻止するべく心は奮闘する。

 つっても、いきなり村に現れて「雪崩がおこります!」なんて予言的中させちゃう正体不明の男・心を小学校の臨時教員に雇うとか、そんなんあるかーいって事案の連続。

 さらに心は、未来から事件ノート(音臼村で起きた不可解な事件の記事を、時系列順にまとめてある)を持ってきていた。ゲームだったら絶対捨てちゃいけないトリセツみたいなシロモノを、逮捕されそうになってあわてて崖から放り投げちゃう。おいおい、どうやって未来から来たって証明するんだよ。でもそんなことはお構いなし。

 ノートを捨ててから文吾にこれから起こる事件について告げる心。そして。「犯人はあなたです」。直球かーい。「僕はあなたの息子です」。信じられるかーい。でも信じてくれる。なぜ!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい