ミッツ・マングローブ「女装稼業の務めと抱負」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「女装稼業の務めと抱負」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

2020年の東京の初日の出 (※写真はイメージです)(c)朝日新聞社

2020年の東京の初日の出 (※写真はイメージです)(c)朝日新聞社

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、今年の抱負について。

*  *  *
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。私にとって2020年は、プロのドラァグクイーンになって20年、星屑スキャットという3人組で歌い始めて15年、そしてタレントとして現在の芸能事務所に入って10年と、なかなかアニバーサリーな年でもあります。とは言え、これといって何か特別なことをする予定はありません。例年通り、粛々と労働に勤しみ、1円でも多くの稼ぎと納税を目指すのみです。

 昨年いろいろと話題になった「桜を見る会」。なんでも今年は中止だそうですが、私は昨年と一昨年の2回ご招待賜りました。そんなことを書くと「いったいお前が何の功績や功労を残したのだ?」と憤る方たちが必ず出てきます。ごもっともです。一介の電波芸者にそんなものあるわけがない。単なる「会の賑やかし要員」としての役割を頂戴したまでだと自負しています。それが税金の無駄と言われれば致し方なしです。しかし、私が20年間「生業」として続けてきた女装稼業の根源には、常にこの「賑やかし」もしくは「彩り」という務めの上に成り立っているのも事実であり、だとすれば「桜を見る会」における私の招待理由や立ち位置は明確ではないでしょうか。「バラエティに富んだ」なんて触れ込みの下では、女装したオカマなんてもってこいの人材ですし。

 新宿2丁目という街自体、世間一般から見れば非日常的な「彩り」です。私が丸の内でスナックのママをしたのも、昼のテレビ画面に出ているのも、すべては「違和感という名の彩りを添える」に尽きる。日常に飽きて、張り合いを失くし、あらゆる生産性に影響しがちな世間が存在するからこそ、私のような人間にも需要が生じる。芸能とはそういうものです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい