「若者の荒廃」に危機感…社会が抱える問題とは? 桐野夏生×前川喜平

2020/01/11 08:00

 社会の歪みを鋭く切り取った小説を書いてきた作家の桐野夏生さん。長年、教育の中枢に携わってきた前川喜平さん(元文部科学事務次官)。ふたりとも昨今の事件に表れる若者の荒廃に、危機感を抱いているという。現代の深層にどんな問題が横たわっているのか。

あわせて読みたい

  • 「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題

    「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題

    週刊朝日

    1/11

    桐野夏生が見たJKビジネスの危うさ「17歳以下の少女は肉のつき方が違うと目を輝かせ…」

    桐野夏生が見たJKビジネスの危うさ「17歳以下の少女は肉のつき方が違うと目を輝かせ…」

    dot.

    10/29

  • シド、アルバムリリース記念イベントを東阪で開催 ファン1,000人が集結

    シド、アルバムリリース記念イベントを東阪で開催 ファン1,000人が集結

    Billboard JAPAN

    9/11

    検察だけでなく、文科事務次官も定年延長「異常な人事」前川喜平
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    検察だけでなく、文科事務次官も定年延長「異常な人事」前川喜平

    週刊朝日

    10/2

  • 河野太郎行革相は次の総裁選で狼煙あげる?「国会議員減らして官僚を増やす」説も
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    河野太郎行革相は次の総裁選で狼煙あげる?「国会議員減らして官僚を増やす」説も

    週刊朝日

    10/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す