箱根駅伝のキーワードは「東京五輪」 東海大、青山学院大、東洋大、駒大、国学院大の5強が争う

2020/01/02 08:15

 五輪イヤーの2020年1月2、3日に開かれる第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は、「戦国時代」と言われる。東海大の2連覇か、青山学院大の雪辱なるか、学生最速ランナー・相澤晃(4年)を擁する東洋大が6年ぶりの王者奪還か、駒大が12年ぶりの復活優勝か、出雲駅伝を制した国学院大か――。5強による優勝争いの行方は、「東京五輪」がキーワードになるかもしれない。

あわせて読みたい

  • 全日本大学駅伝の注目は? 大迫傑の大学時代を上回る逸材も

    全日本大学駅伝の注目は? 大迫傑の大学時代を上回る逸材も

    週刊朝日

    10/31

    「箱根駅伝」の見どころは? 脱・黄金世代の青学、3強に食い込む明治

    「箱根駅伝」の見どころは? 脱・黄金世代の青学、3強に食い込む明治

    週刊朝日

    1/1

  • 箱根駅伝でカギを握りそうな「伏兵ランナー」たち 新たな“山の神”候補も

    箱根駅伝でカギを握りそうな「伏兵ランナー」たち 新たな“山の神”候補も

    dot.

    11/22

    箱根駅伝は全日本以上の大激戦か…駒澤、青学が有力も“番狂わせ候補”の大学ズラリ

    箱根駅伝は全日本以上の大激戦か…駒澤、青学が有力も“番狂わせ候補”の大学ズラリ

    dot.

    11/8

  • 番狂わせはあるのか…箱根駅伝、ダークホースになりそうな大学は?

    番狂わせはあるのか…箱根駅伝、ダークホースになりそうな大学は?

    dot.

    11/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す