佐藤蛾次郎が語る渥美清「二人で『男はつらいよ』を見に行った」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤蛾次郎が語る渥美清「二人で『男はつらいよ』を見に行った」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
「男はつらいよ お帰り 寅さん」に出演した佐藤蛾次郎さん (c)2019 松竹株式会社

「男はつらいよ お帰り 寅さん」に出演した佐藤蛾次郎さん (c)2019 松竹株式会社

佐藤蛾次郎さん (撮影/写真部・小黒冴夏)

佐藤蛾次郎さん (撮影/写真部・小黒冴夏)

 22年ぶりに公開される新作「男はつらいよ お帰り 寅さん」。50作を数えるシリーズになくてはならないのが、佐藤蛾次郎さん演じる「源公」の存在だ。もじゃもじゃ頭に半纏(はんてん)姿で寅さんを「兄貴」と慕う。その関係は、実生活でも変わらなかった。

【佐藤蛾次郎さんの写真の続きはこちら】

*  *  *
「渥美さんには本当に可愛がってもらいました。いつもご馳走してくれたしね」

 二人の年齢差は16歳。11人きょうだいの下から2番目として育った蛾次郎さんにとって、実際の兄貴のような存在だった。

「よく飲みに行ったけど、一番楽しかったのは、二人で渥美さんの馴染みの店へ行ったとき。渥美さんに『寅さん、歌えよ』と言われたんです。俺が仁義切ってやるから、って。あり得ないですよ。店の若いのがピアノを弾いてくれて、渥美さんが『わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又』ってやり始めた。お客さん大拍手ですよ。あとでいろんな人から『渥美さんがそんなことするわけない』って言われたんだけど、いや、したんだって(笑)。けっこう渥美さん、僕に対してはいろいろやってくれたんだよね」

 気前よく面倒見のいい渥美さんだが、バカ騒ぎをするタイプではなかった。蛾次郎さんには心を許していたのだ。

「なんでかって? ウマが合ったんじゃないですか。渥美さんは偉そうにしないし、俺も渥美さん、渥美さんって慕ってたしね」

 そもそものはじまりは、山田洋次監督との出会いだ。1967年、大阪の劇団にいた蛾次郎さんのもとに、新作映画でチンピラ役を探していた監督がオーディションしにやってきた。

「偉い監督が来るから朝の11時に来なさいと言われたんだ。でも俺行かなかったの。オーディションなんて大っ嫌いだからね。一度使ってみりゃわかるだろ?って、友達とモダンジャズ聴いて遊んでたんだよ。あのころはたいして売れてもいないのに、生意気だったんだね」

 2時間近く遅刻して行くと、山田監督はまだ待っていた。悪びれる様子もなく、足を組んでタバコをふかす蛾次郎さんを見て、監督は笑っていた。気にいられたのだ。あとになって「大阪におもしろいヤツがいる」という噂を聞いていたと知った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい