頭デッカチから“脱走”した作家・吉岡忍が今伝えたいこと

2019/09/16 16:00

 あのとき、別の選択をしていたら……。著名人が人生の岐路を振り返る「もう一つの自分史」。今回は、ノンフィクション作家で日本ペンクラブ会長の吉岡忍さん。人生の転機は、若者たちが熱く行動した時代、ベトナム反戦運動への参加でした。還暦を過ぎ、東日本大震災の被災地に向かい、再び大きな転機を迎えます。表現者として、今なお衰えない原動力とは何でしょうか?

あわせて読みたい

  • 東浩紀「市民運動の方法論は1968年から進化していない」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「市民運動の方法論は1968年から進化していない」

    AERA

    11/10

    なぜ今、企画展「1968年」を開催したのか? きっかけはダンボール50箱の資料…

    なぜ今、企画展「1968年」を開催したのか? きっかけはダンボール50箱の資料…

    AERA

    11/17

  • 高橋源一郎 拘置所で3カ国語を独学した過去

    高橋源一郎 拘置所で3カ国語を独学した過去

    週刊朝日

    2/8

    宮崎駿とコラボしたニール・ゲイマンのベストセラー『アメリカン・ゴッド』がドラマ化

    宮崎駿とコラボしたニール・ゲイマンのベストセラー『アメリカン・ゴッド』がドラマ化

    dot.

    4/30

  • 3月号ジャーナリスト 小林哲夫 Kobayashi Tetsuo社会運動のニューウェーブ

    3月号ジャーナリスト 小林哲夫 Kobayashi Tetsuo社会運動のニューウェーブ

    4/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す