ミッツ・マングローブ「聖子節・明菜節・フミヤ節の近況」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「聖子節・明菜節・フミヤ節の近況」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

熱視線

ミッツ・マングローブ

amazonamazon.co.jp

 先日、初めてフミヤさんのコンサートに伺いました。知ってはいたけどフミヤさん、改めて独特な声質の持ち主であることを実感。終始、あるはずのない子宮が疼きました。しかも、ちっちゃな頃から慣れ親しんできた「フミヤ節」が、いつの間にかとてつもない進化を遂げているではありませんか!

「フミヤ節」の肝と言ったら「い」と「う」を「巻き舌」する発声法です。♪君のことを守りたい~♪の「いウィ~」や、♪誰のためでもなく~♪の「くウゥ~」。確かに年々その部分の倍音加減が増幅しているなとは感じていたものの、私が生で聴いた限りでは、もはやそれはモンゴルのホーミーでした。特に『夜明けのブレス』と『Another Orion』。早急に「フミヤ節世代」は歌い方をアップデートする必要があるでしょう。何はともあれ、藤井フミヤの「性(さが)」全開のステージでした。ひょっとすると真剣にホーミーに取り組んでいたりして……。

週刊朝日  2019年9月13日号

【週刊朝日編集部からのお知らせ】

いつも『アイドルを性(さが)せ!』をご愛読くださり、ありがとうございます。この連載は2016年5月から週刊朝日で始まりましたが、このたび書籍化して、単行本『熱視線』(本体価格1400円)として発売されました。連載の内容を大幅に加筆修正し、ミッツさんご自身が描いているアイドルの似顔絵(AERA dotでは未掲載)も収載しています。装丁にもこだわりました。毒と愛を込めて作った一冊です。ぜひ、紙の本でじっくり味わってお楽しみください!

★Amazonで絶賛発売中!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい