背番号10の控え投手が投じた140キロ直球 敗れても手応えつかんだ鳴門の竹内勇輝

2019/08/14 21:45

 第101回全国高校野球選手権大会第9日は14日、2回戦3試合があり、第1試合の強打対決は、鳴門(徳島)が仙台育英(宮城)に5―8で敗れた。だが、打たれたエースの後を受け、九回に今夏初登板を果たした背番号10の3年生投手には、確かな手応えが残る試合となった。

あわせて読みたい

  • 偉業達成した球児も…“甲子園2019夏”のヒーロー8人

    偉業達成した球児も…“甲子園2019夏”のヒーロー8人

    週刊朝日

    8/30

    “異例の甲子園”で輝いた12選手 10回11奪三振のエースも

    “異例の甲子園”で輝いた12選手 10回11奪三振のエースも

    週刊朝日

    8/29

  • 「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英

    「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英

    週刊朝日

    8/20

    まさかの大不振…夏の甲子園、地方大会で“苦しんだ”未来のプロ野球選手たち

    まさかの大不振…夏の甲子園、地方大会で“苦しんだ”未来のプロ野球選手たち

    dot.

    7/25

  • 草野球からプロ入りも…「その経歴でなぜ?」とざわついた過去のドラフト指名

    草野球からプロ入りも…「その経歴でなぜ?」とざわついた過去のドラフト指名

    dot.

    12/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す