太宰治、永井荷風、江戸川乱歩…文豪たちが聞いた「玉音放送」

2019/08/14 18:00

 今年も終戦記念日が近づいてきた。74年前、文豪たちはそれぞれの思いで玉音放送を聞いた。作家たちが書き残した文章からは、それぞれの「戦争」への関わり方だけでなく、当時の人々の生活も垣間見える。夏休みの読書にいかがか。

あわせて読みたい

  • 永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    週刊朝日

    10/6

    リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

    リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

    AERA

    8/11

  • コロナ時代に振り返るべき 戦時下を生きた作家の良識と気骨

    コロナ時代に振り返るべき 戦時下を生きた作家の良識と気骨

    週刊朝日

    5/13

    深川や低き家並のさつき空―永井荷風、孤高のひとり暮らし

    深川や低き家並のさつき空―永井荷風、孤高のひとり暮らし

    tenki.jp

    4/28

  • 戦後70年で公開! 昭和天皇が自らの玉音放送を聴いた場所

    戦後70年で公開! 昭和天皇が自らの玉音放送を聴いた場所

    週刊朝日

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す