まるで絵本の世界…懐かしくて新しい、SLを体験してみよう! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まるで絵本の世界…懐かしくて新しい、SLを体験してみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
鮎川哲也週刊朝日#鉄道
きかんしゃトーマス(大井川鐵道) (c)2019 Gullane (Thomas) Limited. (撮影/鮎川哲也)

きかんしゃトーマス(大井川鐵道) (c)2019 Gullane (Thomas) Limited. (撮影/鮎川哲也)

 煙を吐きながら、力強く走る蒸気機関車(SL)。その雄姿は大人には懐かしく、子どもには新しく大人気だ。この夏、迫力のあるSLを間近で感じよう。

【きかんしゃトーマス(大井川鐵道)や大樹(東武鉄道)のフォトギャラリーはこちら】

*  *  *
 鉄道ファンだけでなく、多くの人を引きつけるSL。1970年代に引退したが、一部で復活して目にすることができる。

 SLをいち早く再登場させたのが大井川鐵道だ。年間300日以上、大井川に沿って新金谷─千頭駅間、約40キロを走る。

 大井川鐵道では、漆黒の車体のSLに加えて、2014年から毎年期間限定で「きかんしゃトーマス」のトーマス号、ジェームス号などが登場している。カラフルなSLが走る姿は、まるで絵本やアニメの世界だ。

 レトロな雰囲気が感じられるのが東武鉄道が運行するSL大樹だ。北海道を走っていたSL、C11で17年に復活、運転開始。下今市─鬼怒川温泉駅間を主に週末運行している。さらにSLがけん引する客車は旧国鉄時代のものを当時の姿にリニューアルと昭和レトロに徹している。

 この夏、懐かしくも新しいSLを体験しに出かけてみてはいかがでしょう。

(本誌・鮎川哲也)

週刊朝日  2019年8月16日‐23日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい