映画「魂のゆくえ」 傑作「タクシードライバー」の脚本家による問題作

2019/04/13 11:30

「魂のゆくえ」が4月12日から全国で公開される。ニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」。そこで牧師を務めるトラー(イーサン・ホーク)は、彼自身の考えや出来事を包み隠さず記録した日記を書き続けるような敬虔な日々を送っていた。

あわせて読みたい

  • アガサ・クリスティー“最高傑作”、初映画化 LiLiCo「ラストに声が出る!」

    アガサ・クリスティー“最高傑作”、初映画化 LiLiCo「ラストに声が出る!」

    週刊朝日

    4/21

    性的虐待という教会の大スキャンダル、告発の行方は? ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作

    性的虐待という教会の大スキャンダル、告発の行方は? ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作

    週刊朝日

    7/27

  • 映画「ホモ・サピエンスの涙」 LiLiCo高評価も「真剣に見たら損かも」

    映画「ホモ・サピエンスの涙」 LiLiCo高評価も「真剣に見たら損かも」

    週刊朝日

    11/21

    LiLiCo「ラストシーン怖すぎ!」 聖職者に憧れた殺人犯の実話映画

    LiLiCo「ラストシーン怖すぎ!」 聖職者に憧れた殺人犯の実話映画

    週刊朝日

    1/10

  • LiLiCoがLGBT映画の「ラストのその後」に驚愕

    LiLiCoがLGBT映画の「ラストのその後」に驚愕

    週刊朝日

    5/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す