“大きなテーブルが一つだけ”戸田奈津子のおすすめ中国料理店は? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“大きなテーブルが一つだけ”戸田奈津子のおすすめ中国料理店は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今中るみこ週刊朝日#グルメ#人生の晩餐
ロウホウトイ/大テーブル1卓のわずか10席の中国料理店。黒板には上海風や香港風のメニューが並び、ピータン豆腐(420円)や厚切りの自家製叉焼(1080円)などが楽しめる。 (撮影/写真部・小原雄輝)

ロウホウトイ/大テーブル1卓のわずか10席の中国料理店。黒板には上海風や香港風のメニューが並び、ピータン豆腐(420円)や厚切りの自家製叉焼(1080円)などが楽しめる。 (撮影/写真部・小原雄輝)

赤ハタの香港風蒸し物「赤ハタの香港風蒸し物」は、6人以上の貸し切りメニュー5000円の主菜として提供。豊洲で仕入れた生きのいい赤ハタを蒸し、ネギやショウガ、香菜をのせ、熱した油をかけて香りを立たせた。醤油ベースのタレが淡泊な身に合う。(税別)

ロウホウトイ/東京都港区白金5-14-8(営)18:00~22:00L.O.(休)不定 (撮影/写真部・小原雄輝)

赤ハタの香港風蒸し物
「赤ハタの香港風蒸し物」は、6人以上の貸し切りメニュー5000円の主菜として提供。豊洲で仕入れた生きのいい赤ハタを蒸し、ネギやショウガ、香菜をのせ、熱した油をかけて香りを立たせた。醤油ベースのタレが淡泊な身に合う。(税別)
ロウホウトイ/東京都港区白金5-14-8(営)18:00~22:00L.O.(休)不定 (撮影/写真部・小原雄輝)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は映画字幕翻訳家・戸田奈津子さん行きつけの「ロウホウトイ」の「赤ハタの香港風蒸し物」だ。

【写真】戸田奈津子さんおススメの「赤ハタの香港風蒸し物」はこちら

*  *  *
 私はとにかく食いしん坊。年間50本以上、ハリウッド映画の字幕翻訳をしていた頃も、仕事の合間に、国内外を問わずおいしいものを食べ歩いていました。

 そんな私のお気に入りは、大きなテーブルが1卓あるだけの中国料理店。いつも貸し切りにして、友達と大勢で楽しみます。まるで自宅の台所で食べているようなアットホームな感じが良くて。気兼ねなく、仲間とワイワイおしゃべりしながらおいしいものが食べられる。こんな店、ちょっと他にないですね。

 いつも注文するおまかせコースのメインは、赤ハタをまるごと一尾使った蒸し物。身がプリプリで新鮮。骨までしゃぶっていただきます。しかもタレがちょっと甘くて、ご飯にかけて食べると二度楽しめちゃう(笑)。豆腐の上にピータンをすり流したピータン豆腐もおいしいですよ。甕出しの紹興酒が進みます。こんなふうに気取りなく、リーズナブルに楽しめるお店が好き。また近々友達を集めて、賑やかにテーブルを囲みたいと思っています。

(取材・文/今中るみこ)

「ロウホウトイ」東京都港区白金5−14−8/営業時間:18:00~22:00L.O./定休日:不定

週刊朝日  2019年3月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい