イニエスタ、トーレスよりも乾効果?!Jリーグでスペイン人選手が増えた理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

イニエスタ、トーレスよりも乾効果?!Jリーグでスペイン人選手が増えた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
開幕前のイベントに登場したイニエスタらJリーグの選手(撮影・大塚淳史)

開幕前のイベントに登場したイニエスタらJリーグの選手(撮影・大塚淳史)

開幕前のイベントに出席したイニエスタ。SNSで日本の生活の様子を発信するとスペインでニュースになるほどだという(撮影・大塚淳史)

開幕前のイベントに出席したイニエスタ。SNSで日本の生活の様子を発信するとスペインでニュースになるほどだという(撮影・大塚淳史)

 また、インターネットやSNSの影響も大きい。イニエスタはインスタグラムではフォロワー数は約2800万人。日本での生活の様子を投稿するとニュースにもなっている。

「Jリーグの情報が簡単に手に入るのはもちろん、イニエスタやトーレスのSNSも大きいでしょう。彼らが『日本は良いところ』と発信することで、ちょっと行ってみようと思わせます。トラブルも少なく、安全で、食べ物もおいしい。そして、東京オリンピックも控えています」(酒井さん)

 日本代表の乾貴士(30)の、現地での活躍も大きかったと見る。

「乾選手がスペインリーグで数シーズンに渡って活躍することで、スペイン人選手たちが日本に対しての興味を向けるようになりました。“乾効果”ですね」(酒井さん)

 Jリーグとスペインリーグ(ラ・リーガ)自体も関係を強めているという。

「Jリーグはアジアでも最も良いリーグ。ピッチ外でも、ビジネスモデルが成長している。リスクも少なく、安全性もある。そして、Jリーグとパートナーシップ関係を築き、より多くの日本人選手をスペインに送り込み、また、スペイン人選手を日本に送り込むことに関心がある。今後もスペイン人選手や監督が増えることを望んでいます」(スペインリーグ関係者)

 先のイベントの囲み会見で、イニエスタはこの“スペインブーム”を好意的に受け止めていると語った。

「スペイン人の選手や監督が加わったことは、日本にあった考え方やプレースタイルが混じりあっていくことでリーグ全体のレベルを上げる。私がいる間に、海外からの注目を浴びるリーグにできれば、と思います」

 2月15日には、FC東京の久保建英(17)のバルセロナ復帰のニュースが現地で報道されるなど、人材面での行き来がますます活発化していくかもしれない。(本誌/大塚淳史)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい