塚原夫妻“パワハラ不認定”で体操界はどう変わるのか (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

塚原夫妻“パワハラ不認定”で体操界はどう変わるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方麦週刊朝日
第三者委員会の報告書を公表する日本体操協会幹部 (c)朝日新聞社

第三者委員会の報告書を公表する日本体操協会幹部 (c)朝日新聞社

 パワハラを認めなかった報告内容も疑問だという。

「パワーを持っている人が不適切なことを言っていると認定していながら、『パワハラじゃない』という。委員会の定義に当てはまるのがパワハラならば、世界にパワハラはない。弁護士の論理では成り立っていても、それで幸せなスポーツ環境が成り立つか? 違いますよね。スポーツをどう育てるかという論理を考えていない。パワハラを考えるならば、被害者の側に立たないといけないが、それもできていない。スポーツを考える初歩の段階で、間違っている」(玉木さん)

 今後心配なのが、宮川選手を応援した体操界OB・OGへの影響。2012年ロンドン五輪で団体8位入賞だった田中理恵さんは「私もさえのためにも、選手たちのためにも、協力します」と公式ツイッターに投稿。ソウル・バルセロナ五輪メダリストの池谷幸雄さんは、テレビ番組などで塚原夫妻に厳しい発言をしてきた。

 体操界を変えようとあげた声が封じられ、再び闇の強権体制へ。国民からそう思われないように、体操界の体質を転じてほしい。(本誌・緒方麦)

週刊朝日  2018年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい