消費増税で狙い目の株式銘柄は? 専門家が国内外の動向踏まえ厳選 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

消費増税で狙い目の株式銘柄は? 専門家が国内外の動向踏まえ厳選

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅井秀樹週刊朝日#企業#増税
東京証券取引所 (c)朝日新聞社

東京証券取引所 (c)朝日新聞社

注目銘柄30一覧 1/2(株価は10月19日の終値/週刊朝日2018年11月2日号より)

注目銘柄30一覧 1/2(株価は10月19日の終値/週刊朝日2018年11月2日号より)

注目銘柄30一覧 2/2(株価は10月19日の終値/週刊朝日2018年11月2日号より)

注目銘柄30一覧 2/2(株価は10月19日の終値/週刊朝日2018年11月2日号より)

来春(2019年3月末)の株価見通し(週刊朝日2018年11月2日号より)

来春(2019年3月末)の株価見通し(週刊朝日2018年11月2日号より)

 消費増税は企業業績にどんなインパクトを与えるか。駆け込み特需とその後の買い控えの消費への影響、軽減税率の恩恵がどんな企業に及ぶかなど注目点は多い。海外では米国中間選挙や貿易摩擦の行方が気になる。こうした動きからどんな銘柄に注目すべきか、専門家に聞いた。

【専門家が選んだ!注目銘柄30一覧はこちら】

*  *  *
 お酒や外食を除く飲食料品は軽減税率が適用され、税率は8%に据え置かれる。そこで、楽天証券経済研究所の窪田真之チーフ・ストラテジストは食品スーパーに注目する。29期連続で増収増益の埼玉拠点のヤオコーについて、「巨大コンビニのようで、店内が充実している」と指摘する。

 同様に埼玉拠点のベルクも好業績で、全店が同様なつくりで合理化されていると評価。ただ、株式市場では「地味で注目されていない」とみている。

 コンビニも注目銘柄だ。ドラッグストアの攻勢などで国内の急成長は難しいが、セブン&アイ・ホールディングス(HD)は海外展開を進めて業界内で優位に立つ、と窪田氏は指摘。減益見込みのローソンも事業見直しを進めており、株価がピークから相当下がった現在は好機とみる。軽減税率の恩恵はコンビニにも及ぶ。

 税率変更や軽減税率で、レジなどの会計現場が混乱するかもしれない。マネックス証券の広木隆チーフ・ストラテジストは、会計ソフトなどを扱うシステム業界の商機拡大を見込む。会計のシステム開発に強いオービックに目をつける。

 政府は税率上昇分をポイント還元する方針も示し、キャッシュレス化が進む可能性がある。株式アナリストの鈴木一之氏は、クレジットカード決済関連でTISやGMOペイメントゲートウェイをあげる。TISはJCBなどカード会社の基幹システム開発に強く、GMOはネットショップやオンライン通販のカード決済システムをてがけている。

 景気に左右されない成長分野への関心も高い。

 楽天証券経済研究所の香川睦チーフグローバルストラテジストは、クラウド・コンピューティング、人工知能(AI)、ビッグデータ、ロボティクス、様々なものがネットにつながるIoTなど「デジタル革命」関連に目を配っている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい