平尾昌晃「60億円」遺産めぐり 3人目の妻と三男が骨肉バトル (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平尾昌晃「60億円」遺産めぐり 3人目の妻と三男が骨肉バトル

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志週刊朝日#遺産相続

数々のヒット曲で知られ2017年7月に亡くなった作曲家の平尾昌晃氏 (c)朝日新聞社

数々のヒット曲で知られ2017年7月に亡くなった作曲家の平尾昌晃氏 (c)朝日新聞社

「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」など数々のヒット曲で知られる作曲家の平尾昌晃氏が79歳で亡くなったのは、昨年7月のこと。総額60億円ともいわれる遺産相続をめぐる紛争が、ここにきて表面化している。

「平尾さんは最初の妻との間に長男を、2番目の妻との間に次男と三男をもうけています。亡くなる4年前に、20年間にわたってマネジャーを務めたMさんと結婚をしていたのですが、息子たちには知らされていなかったのです。Mさんと前妻の子たちとの“骨肉バトル”の構図です」(芸能ジャーナリスト)

 Mさんは50代で、昨年10月、平尾氏の残した二つの会社の代表取締役に就任した。これに対し、社長就任に不正があったとして、9月26日にあった臨時株主総会で兄弟3人が反発。Mさんは2社のうち著作権を管理する「エフビーアイプランニング」の代表取締役を解任され、代わって次男が就いた。

 一方、マネジメント会社「平尾昌晃音楽事務所」は、発行済み株式の85%分の「株主が確定できない」との理由から、総会の議事に入れずMさんは代表取締役に留任。こちらは現在、三男で歌手の勇気氏(37)が、Mさんの職務執行停止を求める仮処分を東京地裁に申し立てている。

 作曲家として活躍した平尾氏の遺産は大きい。著作権の印税は年間約1億円に上るとみられ、50年間は保護される。社屋ビルなどの資産も約10億円に上るとみられる。

 JASRAC(日本音楽著作権協会)の相続同意書には、1人が相続する「単独用」と、複数人が相続する「共同用」がある。勇気氏は9月25日の会見で、Mさんから「単独用」の書類に承継者が空欄のまま押印させられたという。勇気氏は、「会社のお金が必要だから大至急押してほしいと言われた」として無効だと主張している。

 勇気氏の所属事務所の社長がこう話す。

「Mさんから出された財産目録には、平尾先生の預貯金は百数十万円程度しかなかったのです。にもかかわらず、Mさん自身は多額の生前贈与をもらっていました」

 前出の芸能ジャーナリストはこう話す。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい