DV被害者の駆け込み寺で“疑惑”…篠田節子『鏡の背面』の魅力

読書

2018/10/04 07:00

「聖母」の正体をめぐる長編サスペンス『鏡の背面』が刊行された。1990年にデビューして以来、山本周五郎賞や直木三十五賞を受賞するなど、数々の名作を生み続ける篠田節子さんの新著だ。

あわせて読みたい

  • おしっこ問題で「死ね!」「殺せ!」の介護現場 久坂部羊×篠田節子が語る

    おしっこ問題で「死ね!」「殺せ!」の介護現場 久坂部羊×篠田節子が語る

    週刊朝日

    6/30

    「アラサーちゃん」作者・峰なゆかが描く“ぶっちゃけすぎ妊婦ライフ”

    「アラサーちゃん」作者・峰なゆかが描く“ぶっちゃけすぎ妊婦ライフ”

    dot.

    5/22

  • 申し込み殺到、7700人待ち! 大人気の「一万円選書」で10年後を変える

    申し込み殺到、7700人待ち! 大人気の「一万円選書」で10年後を変える

    AERA

    12/14

    紳助ファミリーの人脈で「木下優樹菜」が“芸能界のご意見番”になる日

    紳助ファミリーの人脈で「木下優樹菜」が“芸能界のご意見番”になる日

    dot.

    7/18

  • 作家・篠田節子「面会禁止で解放感」と吐露 介護する家族の心理とは

    作家・篠田節子「面会禁止で解放感」と吐露 介護する家族の心理とは

    週刊朝日

    6/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す