北原みのり「男論理で語る医大入試問題」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「男論理で語る医大入試問題」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

(イラスト・田房永子)

(イラスト・田房永子)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は女性医師への性差別に憤る。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 東京医大の不正差別入試問題に関して、「不正はだめだが女医が増えるのは困る」と堂々と言う人がいる。最近では週刊現代さん。「命にかかわる 女性医師の手術はいやだ」と特集を組んでいた。彼らは、小林よしのり氏の言葉を借りて不安を訴える。いわく女は生理があったり妊娠したりと、男にない身体的特徴があるから不安なのだと。よしりんはさらに男女平等ではなく命が優先、子育てなどで定時に帰る女に外科医は任せられず、女医とは信頼関係が築けないとまで言う。

 こういうことを真顔で言うオジサンが後を絶たないので、しぶしぶ同レベルに自分を敢えて落とした上での反論を試みます。

 男の医者は嫌だ! なぜなら、男には男根という身体的特徴があり、残念ながら信用できない。外科という厳しい職業にはなおさら向かない。

 そう断言するところから始めましょう。

 何せ男性は、女性の約20倍ものテストステロン(いわゆる男性ホルモン)に支配されている生き物です。性欲に支配されていると言ってもいい。手術中にセックスのことなど考えて勃起するかもしれません。そうなったら手術に集中できませんよね。男性は性欲がたまっていると何をするかわからず、肌の露出の高い女性に出会ったので本能で痴漢してしまった……と被害者面で性暴力加害を語る傾向があります。本能に支配された男から女を守るために、全国のコンビニで気軽にエロ本が購入できる社会。医師がいくら性欲をコントロールする理性を備えているとはいえ、本人の努力だけではどうにもならないのが身体というものです。また、男性は女性より指が太く、裁縫などにも向かないので、繊細さが求められる外科手術に向いていないのは、皆さん考えなくてもわかることでしょう。そう、男女平等は大切ですが命が優先。結果的に男性医師は……無理でしょう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい