「体重が一夜で2キロ落ちることも」 がんと闘うために毎日実践したこととは? (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「体重が一夜で2キロ落ちることも」 がんと闘うために毎日実践したこととは?

連載「治さないのに、元気です! すい臓がんステージⅣ 石先生」

このエントリーをはてなブックマークに追加
石弘光週刊朝日
石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など

石弘光(いし・ひろみつ)1937年東京に生まれ。一橋大学経済学部卒業。同大学院を経てその後、一橋大学及び放送大学の学長を務める。元政府税制会会長。現在、一橋大学名誉教授。専門は財政学、経済学博士。専門書以外として、『癌を追って』(中公新書ラクレ)、『末期がんでも元気に生きる』(ブックマン社)など

在宅の日、天候に関わらず雑司ヶ谷墓地でウォーキング。格子に張り巡らされた小路を順次たどる

在宅の日、天候に関わらず雑司ヶ谷墓地でウォーキング。格子に張り巡らされた小路を順次たどる

 幸いなことに私自身、味覚障害はごく軽く、食べる障害にはなっていない。私のがん生活にとって、食事制限は一切ない。食欲も旺盛で、3度の食事を毎回十分に楽しんでいる。規則正しい食生活を送っているといえよう。よく行われる会食でも外食でも、同伴者が驚くほどの健啖家(けんたんか)ぶりを発揮している。これが間違いなく、私が健常者並みの生活を送れ「元気に生きる」源になっていると思う。「がんとの共存」の最大の武器であろう。

■毎朝のストレッチとプールでの水中ウォーク

 私は元来アウトドア派で、スポーツ大好き人間である。学生時代に山岳部に属し四季折々、山々を踏破した経験がいまでも色濃く体内に残っている。がんに罹患する前は、四谷にあるスポーツジムに週2回のペースで通い、それ以外の日にも近所をジョギングしていた。スキーシーズンには、がん発覚直前まで合わせて1週間から10日間ほどを蔵王、志賀高原、八方尾根などで昔の若い仲間と滑降の醍醐味を味わっていた。

 毎朝起きるとすぐに、筋トレをかねてストレッチを20分ほどしてから、ステップマシンを10分踏む。これは40年ほど前に腰痛を患い、それ以来、腰痛体操の代わりに始めたものだ。それ以来、飽きもせずに毎朝の習慣として体にしみついている。この起床時のストレッチと次に述べるウォーキングは、家にいても手軽にできるので大切にしている習慣である。

 在宅の日は天候にかかわらず、基本的にウォーキングに出かける。一昔前はよくジョギングをしたが、いまは年齢を考えて速足のウォーキングに変えている。コースとしては、雑司ケ谷墓地の格子に張り巡らされた小路(こみち)を、順次たどることになる。アスファルト舗装でない土の道は膝や腰に優しくて、自然により密着する感じになる。大体30~40分続けると、冬でも汗ばみ、体が軽くなって食事も進むことになる。

 ウォーキングのほか、気が向けば近所の区立体育館にあるプールに行くこともある。民間ジムより施設は劣るが、このプールが好きなのだ。高齢の利用者が増えたこともあり、水中ウォークのために1コースが設けられている。そこを800メートルから1キロほど、のんびりとスタイルを変えて歩く。水圧がかかるだけ筋肉がほぐれ、体全体に血液が駆け巡る気分になる。いかにも免疫力が増え、元気が出るという思いがする。
 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい