真剣佑に働き方改革は不要!? 「オフってなんですかね?(笑)」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真剣佑に働き方改革は不要!? 「オフってなんですかね?(笑)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)/1996年生まれ、米ロサンゼルス出身。2014年から日本で芸能活動を開始。17年、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。映画「ちはやふるシリーズ」(16、18年)、「不能犯」(18)、舞台「地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15 ZEROTOPIA」(18年) など出演作多数。映画「OVER DRIVE」が公開中。公開待機作に「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(7月27日公開予定)がある。(撮影/渡辺達生、スタイリング/櫻井賢之、ヘア&メイク/ADDICT_CASE・粕谷ゆーすけ、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)/1996年生まれ、米ロサンゼルス出身。2014年から日本で芸能活動を開始。17年、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。映画「ちはやふるシリーズ」(16、18年)、「不能犯」(18)、舞台「地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15 ZEROTOPIA」(18年) など出演作多数。映画「OVER DRIVE」が公開中。公開待機作に「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(7月27日公開予定)がある。(撮影/渡辺達生、スタイリング/櫻井賢之、ヘア&メイク/ADDICT_CASE・粕谷ゆーすけ、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

「この仕事について迷いを抱いたことは一度もありません」と語る新田真剣佑さん(撮影/渡辺達生、スタイリング/櫻井賢之、ヘア&メイク/ADDICT_CASE・粕谷ゆーすけ、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

「この仕事について迷いを抱いたことは一度もありません」と語る新田真剣佑さん(撮影/渡辺達生、スタイリング/櫻井賢之、ヘア&メイク/ADDICT_CASE・粕谷ゆーすけ、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

 どのアングルで撮影しても、顔も、体も美しい新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)。最近の“イケメンランキング”で、必ず上位に名前が挙がるのも納得だ。映画「OVER DRIVE」では天才ドライバー・直純を演じ、鍛え上げられたその肉体を随所で披露している。

【写真】どの角度も美しい。いつもとは違う表情をみせる真剣佑はこちら

「直純は怖いものなんてなさそうに見えるけど、実は繊細でいろんなものと戦っている。『この役のために頑張りたい、何でもしたい』と思えるほど、魅力的な役でした」

 現在21歳。俳優については「気づいたらなっていた」と語る。昨今の活躍を見ると“なるべくしてなった人”と言えるのかもしれない。

「この仕事に対して迷いを抱いたことは、一度もありません。いろんな方に夢を与え、誰かの背中を押すことができる役者になりたい」

 オフの日の楽しみについて聞いても、「オフってなんですかね?(笑)」と答えるほど多忙な日々。だが今は、演じることがとにかく楽しいという。

 ロサンゼルスで生まれ育ち、英語はネイティブ。“ワールドワイド”という言葉が似合う、スケールの大きさを感じた。(本誌・野村美絵)

週刊朝日 2018年6月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加