「20代と30代の脳は少し違う」丸山茂樹のイップスを脳科学者が解明 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「20代と30代の脳は少し違う」丸山茂樹のイップスを脳科学者が解明

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

(左)中野信子(なかの・のぶこ)/脳科学者・認知科学者。1975年、東京都生まれ。東京大学工学部を卒業し、東大大学院医学系研究科で医学博士号取得。フランス国立研究所で研究員。2015年から東日本国際大学教授。著書に『ヒトは「いじめ」をやめられない』など。
(右)丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年、千葉県生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10勝。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。(撮影/小暮誠、衣装協力/HANABISHI)

(左)中野信子(なかの・のぶこ)/脳科学者・認知科学者。1975年、東京都生まれ。東京大学工学部を卒業し、東大大学院医学系研究科で医学博士号取得。フランス国立研究所で研究員。2015年から東日本国際大学教授。著書に『ヒトは「いじめ」をやめられない』など。 (右)丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年、千葉県生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10勝。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。(撮影/小暮誠、衣装協力/HANABISHI)

 2013年の春に始まり、250回を迎えた丸山茂樹氏の連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」。今回はスペシャルバージョンとして5月2日に脳科学者の中野信子さんをゲストに迎え、いまの悩みに対してさまざまなアドバイスをいただきました。

【写真】中野信子さんとの対談の様子はこちら

*  *  *
丸山:今年の1月にラジオ番組でお会いして以来ですね。実は僕、3日後(5月5、6日)に久々の試合があるんですよ。何かいい心構え、ありませんか?

中野:緊張されてます?

丸山:はい。妙な緊張感があるんです。2005年ぐらいからドライバーのイップスを抱えてて、さらに左手親指の付け根を痛めて。人前でパフォーマンスするにあたって、これまでは自信満々で「見てください」って気持ちだったんですけどね……。

中野:ざわざわ感があるのが、勝負前なら普通の状態だと思います。試合という戦闘状態に向けて、ノルアドレナリンやアドレナリンの分泌が増えて、血糖値や血圧が上がったり、心拍数も増えたりするんです。そんな中で体がそれを感知して脳へ「ちょっといつもと違う」って情報を戻します。その結果、ざわざわ感が生まれてるんです。

 面白くないですか? 自分が命令出しといて、自分で「おかしい」と感じるんです。脳もそんなに頭よくない。こんなときには、まず第一歩になるのが第三者的な目で見る視点を持つことです。しかも、体を使う勝負なら、逆にノルアドレナリンが出てないと困るという事情もあるわけです。

丸山:緊張があった方がいいって言いますもんね。

中野:完全にリラックスすると、せっかく体が戦う状態にしようとしているのに、それを妨げちゃう。適度の緊張感があるのは、むしろいい証拠と思うのも手かなと考えてます。

 丸山さんは結構、不安の強い人ですかね?

丸山:そうです。おっしゃるとおりです。

中野:日本人には不安傾向の高い人が97%もいて、この割合の多さでは世界一なんです。

丸山:絶対そうですよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい