「相続」制度見直しでトラブルが減る? “配偶者居住権”の長所・短所

2018/04/13 07:00

 相続の仕組みは民法で定められている。法相の諮問機関である「法制審議会」が、3年間をかけて改正について議論してきた。

あわせて読みたい

  • 「後妻業」のようなケースでももめないために… 相続改正のポイントはここだ!

    「後妻業」のようなケースでももめないために… 相続改正のポイントはここだ!

    週刊朝日

    4/3

    約40年ぶりの相続改正で家族やきょうだい間に新たな火種? 「妻に優しい改正」とは

    約40年ぶりの相続改正で家族やきょうだい間に新たな火種? 「妻に優しい改正」とは

    週刊朝日

    4/4

  • 子が1000万円以上損したケースも 配偶者相続に潜む“落とし穴”

    子が1000万円以上損したケースも 配偶者相続に潜む“落とし穴”

    週刊朝日

    3/19

    「相続法」大改正、どう変わる? ポイントを徹底解説!

    「相続法」大改正、どう変わる? ポイントを徹底解説!

    週刊朝日

    6/28

  • 介護貢献分は「思ったより安い」現実も 相続ルールの「損得」

    介護貢献分は「思ったより安い」現実も 相続ルールの「損得」

    週刊朝日

    7/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す