溝端淳平、結婚話をふられ「女優さんが家にいるって大変だと思う」 (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

溝端淳平、結婚話をふられ「女優さんが家にいるって大変だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村美絵週刊朝日#林真理子
溝端淳平(右)と林真理子(左)(撮影/写真部・岸本絢)

溝端淳平(右)と林真理子(左)(撮影/写真部・岸本絢)

 さわやかで穏やかなイメージの溝端淳平さん。ところがご本人曰く、「変な正義感」の持ち主で、納得できるまでとことん話し合うタイプだとか。故・蜷川幸雄さんから受けたシゴキや俳優仲間とのお付き合い、28歳の俳優としての悩みや目標まで、作家・林真理子さんとの対談で率直に語ってくれました。

【写真】大人の魅力が増した溝端淳平 ソロショットはこちら

*  *  *
林:和歌山の田舎にこんな素敵な人がいたら、目立ってしょうがないでしょうね。

溝端:いや、浮いてましたね。素敵とかじゃなくて、みんなやさしくてのほほんとしている中で妙にギラついていて。我が強くて、がさつで、友達のおもちゃ壊したりするから、「あいつとは遊びたくない」って言われるような悪ガキで。「暴君」「野生児」というのが僕のあだ名でした(笑)。

林:ほんとですか。想像できないですよ。今とはまるで違いますね。

溝端:今も変な正義感があるかもしれないです。席を譲らない若者がいると注意しちゃったり。

林:そんなことをしたら、ネットに書かれません? 顔と名前がこれだけ知られてるのに。

溝端:書かれることもありますけど、つい言っちゃうんですよね。飛行機の真ん中の席に乗っていたら、通路側の席にいた50代くらいの男性が、キャリーバッグを通路に置いたままトイレに行ったんですよ。それで誰か通るたびに僕が「すいません」と言いながらどけてたんです。持ち主の方が戻ってきたので、「キャリーバッグ、通路に置いてましたので……」と言ったら、「だから何だよバカヤロー! 関係ねえだろ!」って怒鳴るんですよ。

林:まあ、ひどい。

溝端:僕も頭にきて怒鳴りかえそうかと思いましたが、いちおう人前に出ている人間なのでそこはグッとこらえまして。その代わり、「僕はいいんですけど、お年寄りとか子連れのお母さんの通行を邪魔したことに対して、申し訳ないという気持ちがないのはおかしくないですか?」という話を、50分ぐらい続けたんです。

林:えーっ、50分も? そのおじさん、何と言ったんですか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい