食欲がない、よく眠れない… 自覚症状がなくてもC型肝炎の可能性が! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

食欲がない、よく眠れない… 自覚症状がなくてもC型肝炎の可能性が!

このエントリーをはてなブックマークに追加
中寺暁子週刊朝日#ヘルス

C型肝炎に感染しているかどうかを知らない人も多い(※写真はイメージ)

C型肝炎に感染しているかどうかを知らない人も多い(※写真はイメージ)

C型肝炎治療で使われる飲み薬(週刊朝日 2018年1月5-12日号より)

C型肝炎治療で使われる飲み薬(週刊朝日 2018年1月5-12日号より)

 現在日本には約100万人のC型肝炎ウイルス感染者がいると推計されているが、実際に治療を受けているのは約14万人(厚生労働省「平成26年患者調査」)にすぎない。そもそも自分がC型肝炎に感染しているかどうかを知らない人も多い。埼玉医科大学病院消化器内科・肝臓内科教授の持田智医師はこう話す。

【図表でみる】C型肝炎治療で使われる飲み薬はこちら

「医療現場でC型肝炎ウイルスの検査が実施されるようになったのは、1989年以降です。それ以前に医療機関を受診した人は、たとえ輸血をしていなくても一度血液検査を受けてください。基本的に40歳以上の人は一生に一度は検査を受けましょう」

 また、最近でも入れ墨や不衛生な状態でのピアスの穴開け、違法薬物の回し打ちなどで感染するケースはある。C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べる血液検査は、ほとんどの自治体や保健所で、無料で受けられる。

「感染していることがわかっても、肝機能が正常なために治療を受けていない人もいます。しかし特に高齢の場合、肝機能が正常でも肝がんになる人がいるので要注意です」(持田医師)

 C型肝炎は、自覚症状がないことも治療を受けない原因の一つと考えられる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   ヘルス をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加