こんな経験、かつてない! 老舗メーカーが売り出しためんたいこアイスに賛否両論 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

こんな経験、かつてない! 老舗メーカーが売り出しためんたいこアイスに賛否両論

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日#グルメ#企業
この秋、人気のあまおう味より売れているそうで=ふくや提供

この秋、人気のあまおう味より売れているそうで=ふくや提供

 創業70周年を迎える老舗のめんたいこメーカー「ふくや」(福岡市)が不思議な味のアイスキャンディーを発売している。その名も「アルプスアイスキャンデー 明太子ミルク味」(1本税込み200円)。めんたいこが約6%含まれているというのだが、その前に、なぜめんたいこのお店でアイスキャンディーなの?

 実は、創業者である初代社長の故・川原俊夫氏が、同社の創設前に、アイスキャンディーを販売していたことがあり、今年5月から九州の素材を使い、あまおう味や甘夏味、小豆味などで復刻した。同社の開発担当者によると、10月5日の創業日を迎えるにあたり、「看板商品であるめんたいこでアイスキャンディーを作れないか」という思いが募り、開発したという。

 果たしてめんたいこの辛みが甘みとどう絡み合うのか。取り寄せて食べてみることに――。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい