二宮和也「もし嵐が6人になったり4人になったりしたら…」、どうする? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二宮和也「もし嵐が6人になったり4人になったりしたら…」、どうする?

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村美絵週刊朝日
「もし嵐が6人になったり4人になったりしたら…」(※写真はイメージ)

「もし嵐が6人になったり4人になったりしたら…」(※写真はイメージ)

 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が11月3日に公開となる。主演は嵐の二宮和也さん。俳優としての活躍は誰もが知るところだが、その根本には嵐の存在がある。

──嵐としても活躍されていますが、個人の活動とグループの活動、ご自身の中ではつながっていますか?

 つながってると思います。やっぱり、嵐という母体があって、そこから出向しているみたいなものだから。

──実は、今回の二宮さんの取材をもって、「週刊朝日」では今年、嵐のみなさん5人全員を撮影させていただいたことになるのですが……。

 コンプリートしたんですか、あの嵐を?(笑)

──そうなんです。

 すごいじゃないですか(笑)。

──同様の質問をさせていただくと、「嵐から出向している感覚」と、皆さんおっしゃいます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい