ユニクロ、無印でオシャレに! シニアの1万円で大変身できるコーデ術 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ユニクロ、無印でオシャレに! シニアの1万円で大変身できるコーデ術

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
先生 MBさん(右)「ルールさえ守れば、モテる服装は簡単かつ経済的にできる!」がモットー。大人気のメールマガジン「最も早くオシャレになる方法」を配信し、ファッションを論理的に語る話題の人モデル兼生徒 小誌編集長代理 堀井正明服装は、「動きやすい&取材相手に失礼にならない」がモットー。ポロシャツ&チノパンが基本です(撮影/写真部・小原雄輝)

先生 MBさん(右)
「ルールさえ守れば、モテる服装は簡単かつ経済的にできる!」がモットー。大人気のメールマガジン「最も早くオシャレになる方法」を配信し、ファッションを論理的に語る話題の人
モデル兼生徒 小誌編集長代理 堀井正明
服装は、「動きやすい&取材相手に失礼にならない」がモットー。ポロシャツ&チノパンが基本です(撮影/写真部・小原雄輝)

・OFF 合計6455円
「硬い生地(ブロード、オックスフォードなど)の白シャツは、体形の凸凹を隠すので、おなかのポッコリが気になる方に、おすすめです。上から二つボタンを外すか、中にTシャツを着ると、胸まわりがきれいに見えます」
オーガニックコットン洗いざらしブロードシャツ(白)2760円、オーガニックコットンストレッチデニムスキニー(インディゴブルー)3695円

「靴は、シンプルな、なるべく目立たないものを。足元に目がいくと足が短く見えます」

*靴、バッグなどの小物は私物です
問い合わせ先:無印良品池袋西武 東京都豊島区南池袋1−28−1 池袋西武本店別館1~2階 

<少しがんばって2万円以下でコーディネート>
■バナナ・リパブリック
「もう少し冒険してみたいときは、海外ブランドもおすすめ。国内ものに比べ若干お高くなりますが、やんちゃな大人スタイルが完成します」

・ON 合計1万7408円
「『柄もの』は本来、着こなしが難しいのですが、ストライプなどの定番であれば、抵抗なく着られると思います。やせて見える効果もあるので、おすすめです」

ノンアイロンストレッチシャツ(ストライプ・ブルー)8241円、フルトン・ラピッドムーブメントスキニーチノ(ネイビー)9167円

・OFF 合計1万3704円
「ジャージー素材のトップス(上衣)は、ダボッとしたボトムス(下)を合わせてしまうとカジュアルすぎて子どもっぽくなります。合わせるパンツのシルエットは細身に」

モダール・ピマコットンワッフルニットクルーネック(黒)5463円、カモフラージュジャカード・ニットジョガーパンツ(オリーブ)8241円

問い合わせ先:バナナ・リパブリック 東京都渋谷区千駄ケ谷5-32-10 

<MBさんからのアドバイス>
 シニアが服を選ぶ際のコツは、ずばり全身を「カッチリした印象に寄せる」ことです。カッチリした印象とは、一言でいうと「形は細身、色はモノトーン」。今回ご紹介したコーディネート、上がボーダーTシャツやワッフル素材のセーターなどのカジュアルなものの場合、下は黒やオリーブ色で細身のカッチリとしたものを選んでいますよね。ダボッとしたパンツを合わせると、野暮ったく見えるのです。このルールを忘れずに服を選べば、お金を使わなくてもかっこよく見えます。今回のモデル・堀井さんも、形と色にこだわっただけで、ガラッと印象が変わりましたよね。自信を持って、おしゃれを楽しんでください。

週刊朝日 2017年10月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい