「おもしろいと不快って紙一重」鈴木おさむ、坂上忍に「覚悟」を見る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「おもしろいと不快って紙一重」鈴木おさむ、坂上忍に「覚悟」を見る

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「坂上忍」をテーマに送る。

*  *  *
 40代後半を過ぎて覚悟を決めた男は本当に強いなと思う。坂上忍さん。50歳。

 僕はワイドショーというジャンルの番組があまり好きではない。というのも、ここ数年、ワイドショー的な番組で芸人さんやタレントさんがコメンテーターをやっていることが多い。ワイドショーで取り上げられる人物がコメンテーターの知り合いが出ていることもある。コメンテーターをやっているからには、何かしら「斬る」ことをしないといけない。どうでもいい雰囲気の意見を言っていてはおもしろくないし、スタッフに期待された仕事をしているとは言えない。だからコメンテーターの顔を見ていると、息苦しそうでドキドキするのだ。

 ある芸人さんA君が僕に言った。とある情報ワイド番組に出ている彼は、出演して半年はどんなコメントを言っていいかわからなかった。半年たって自分の意見をハッキリと伝えるレギュラーが入ってきてからは、本番中、その人にばかりカンペで指示が出る。自分には何も指示が出なくなった。そこで思う、「自分は何のために出ているのだろう」と。お金をもらってコメンテーターとして出るからには、仕事をしなければいけない。そこで覚悟を決めて、自分の意見を伝えるようになった。その意見に、時折ネットや世間が騒ぐことがある。が、僕は、芸人として、このコメントがいいのかどうかを細かく考えるよりも、お金をもらって出ると覚悟を決めた彼は仕事をちゃんとしているなと思う。イヤだったら出なければいいのだから。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい