AERA dot.

森高千里のオバさんになっても攻める「異次元アレンジ」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
直木詩帆週刊朝日

実は根っからのアーティスト。ドラムの腕前もプロ級だとか (c)朝日新聞社

実は根っからのアーティスト。ドラムの腕前もプロ級だとか (c)朝日新聞社

 これは、永遠のアイドルの「ご乱心」なのか――。

 野外音楽イベント「MISOC COMPLEX2017」(ぴあ主催)が9月9~10日、東京・新木場の若洲公園で開催され、森高千里が観客の度肝を抜いた。

 森高がこの夏のロックフェスに出るのはこのイベントだけ。最前列にはうちわを持ったファンが陣取り、「一見さん」の来場者らも詰め掛け、会場は満員だった。観客は、テレビCMでみせるような美貌と美声でさわやかなステージを期待していたに違いない。

 ところが、開始時間になって流れ出したのは、今どきの若者が聞くような、エレクトロ調のダンスミュージック。しかも、しばらく森高本人が現れず、黒いフードを目深にかぶった女性が前衛的なパフォーマンスを繰り広げた。重低音が鳴り響く中、やっと現れた森高が歌ったのは、パンチの利いたアレンジの「私がオバさんになっても」や「ストレス」。ちなみに、歌声も加工されていたようだ。

 アイドル時代をイメージしていた観客は、ぼうぜんと立ち尽くした。一方、最前列の熱烈なファンは大盛り上がり。異様な空気に包まれたまま終了し、会場では「ふつうに『気分爽快』とかやってほしかったよねー」との声が聞かれたという。会場にいた男性(37)は言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加