堂本光一「昔の人は強いんですよ(笑)」キンキ20周年、デビュー当時を語る (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

堂本光一「昔の人は強いんですよ(笑)」キンキ20周年、デビュー当時を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

20周年を迎えるKinKi Kidsが、デビュー当時を語る(※写真はイメージ)

20周年を迎えるKinKi Kidsが、デビュー当時を語る(※写真はイメージ)

 1997年7月21日にシングル「硝子の少年」とアルバム「A album」の同時発売でCDデビューしたKinKi Kidsが、今月20周年を迎える。新曲「The Red Light」の発売をはじめ、記念コンサート、音楽番組「LOVE LOVE あいしてる」(以下、「LOVE LOVE~」)やドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」(以下、「未満都市」)の復活など、イベントが目白押しだ。堂本光一さんにこれまでのことや、これからについて聞いてみた。

*  *  *

──20周年を迎える感想は?

 正直、20年という感覚がないんですよね。CDデビューする前から歌番組に出ていたし、コンサートもしていましたから。そのときは自分たちの曲がないから、どの曲をやろうかと先輩の曲から探すわけです。そこからですね。自分たちをどう見せるか考え始めたのは。

──デビュー前後の忙しさは、かなりのものだったと。

 地獄でした(笑)。たとえば「未満都市」(1997年)というドラマの撮影は、朝7時に始まって、終わるのが朝4時、そしてまた朝7時入りだったりするんです。それが週5日、3カ月続くわけです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい