AERA dot.

ドンキ完売で話題の4Kテレビを記者が体感 その破壊力…

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日

50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(写真:ドン・キホーテ提供)

50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(写真:ドン・キホーテ提供)

 ディスカウントストアのドン・キホーテのテレビが、大人気だ。高画質な4Kの50インチテレビを、5万4800円(税抜き)で、6月15日に売り出した。“格安”だと注目され、店頭では3千台が1週間で完売した。

 7月3日になってドン・キホーテの通信販売のサイトで注文を再び受け付けたところ、アクセスが集中し一時サーバーがダウンする騒ぎになった。結局、台数は非公表だが、わずか2分で完売したという。

 このテレビは、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格PLUS」の「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」。他社の同タイプの4K50インチテレビと比べて、性能や機能ではそれほど遜色が無いにもかかわらず、5万4800円(税抜き)という低価格が評価された。

 テレビ受信システム「デジタルボード」には、有名ブランド「レグザ」を展開する東芝映像ソリューションのものを使っている。高い薬と効果が同じなのに価格は安い「後発薬」(ジェネリック)をもじって、「ジェネリックレグザ」と一部で呼ばれている。

 実は、記者は運良く買えた一人だ。利用者の視点から、このテレビのすごさを検証してみた。

 4K対応なだけあって画質は素晴らしい。記者はHDMI端子にグーグルのクロームキャスト(別売り)を接続することで、4K画質を楽しんでいる。以前のパソコンモニターで動画サイトを見ていた時とは、映像も音響もかなり良くなった。特にサッカーや野球などスポーツ中継も迫力満点だ。

 外付けハードディスク(別売り)をUSBで接続すれば、番組の録画もできる。

 画像を鮮明に見せる機能が一部ないなど、高級機との違いは当然あるが、普段使う分には気にならない。50インチの4Kテレビは10万円を超えるものが主流で、価格と性能を考えれば“お買い得”だと実感している。

 ドン・キホーテは以前から、自社ブランドのテレビや家電など発売している。担当者は、

「予想以上の反響でした。インターネット機能などを省いたことで、価格を抑えることが実現できました」

 と明かす。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加