田原総一朗「トランプ大統領が目論む北朝鮮のレジーム・チェンジ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「トランプ大統領が目論む北朝鮮のレジーム・チェンジ」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今後のアメリカの対北朝鮮政策はどうなるのか(※写真はイメージ)

今後のアメリカの対北朝鮮政策はどうなるのか(※写真はイメージ)

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、今後のアメリカの対北朝鮮政策を占う。

*  *  *
 トランプ政権の外交を担うティラーソン国務長官が3月15日に来日した。日、韓、中と歴訪したのだが、岸田外務大臣との会談でティラーソン氏は、過去20年間のアメリカの北朝鮮政策は失敗だったと述べ、見直しを表明した。高まる脅威に対処するために、新たなアプローチが必要だと強調したのである。金正恩政権になってから北朝鮮は核実験を3回、ミサイルを70発以上発射している。

 2016年にはSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を含む5種類のミサイル20発以上を発射し、金正恩氏は17年元日の演説でICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験が最終段階にあると述べた。アメリカ本土を射程圏内に収めるICBMの試射を事実上、予告したのである。

 そして2月12日、安倍晋三首相がトランプ大統領の別荘で会談している最中に、北朝鮮が新たな弾道ミサイルを発射したという情報が入った。この「北極星2型」は従来の液体燃料を注入するパターンとは違っていて、注入作業のいらない固体燃料を使用していると見られる。いつでもどこからでも発射できるわけだ。この「北極星2型」について、元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「この発射実験が意味するものは、北朝鮮がついにICBMに手をかけたという一大事だ」と語っている。

 北朝鮮は3月6日にも、4発のミサイルを同時発射した。3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内に極めて正確に着弾させている。そしてこの4発のミサイルは、いずれも在日米軍基地を狙ったものだという。

 実は私はイラク戦争が勃発する2カ月前にイラクのバグダッドに行った。フセイン大統領にインタビューするためだった。だが、バグダッドに着いたらフセイン側から、田原たちの行動はすべてCIAが掴んでいて、フセインに会った瞬間に爆撃されるので、フセインには会わせられない、その代わり副大統領のラマダンに存分にインタビューしてくれといわれた。そのラマダンが私に訴えた。「アメリカはフセインが大量破壊兵器、つまり核兵器を隠し持っているから攻撃すると宣言した。だが、残念ながら我々は核兵器を持っていない。だから攻撃される。核兵器を持っていたら攻撃できない」と。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい