青木崇高が、小栗旬の言葉にグッときて決めたこととは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

青木崇高が、小栗旬の言葉にグッときて決めたこととは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
青木崇高/1980年生まれ。大阪府出身。NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年)で注目される。大河ドラマ「龍馬伝」(10年)、「平清盛」(12年)に出演。主演映画に「雨にゆれる女」(16年)、現在公開中の「雪女」がある(ヘアメイク/NANA、スタイリスト/小泉美智子、撮影/写真部・加藤夏子)

青木崇高/1980年生まれ。大阪府出身。NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年)で注目される。大河ドラマ「龍馬伝」(10年)、「平清盛」(12年)に出演。主演映画に「雨にゆれる女」(16年)、現在公開中の「雪女」がある(ヘアメイク/NANA、スタイリスト/小泉美智子、撮影/写真部・加藤夏子)

 青木崇高さんは俳優としての立場で発言を求められると、戸惑うことが多いという。

「むず痒いというか、(胸を指して)この辺がシュワシュワするんです(苦笑)。よく、“特殊な仕事ですね”みたいに言われますけど、僕自身は、そんなに特殊だとも思ってなくて。たとえば、舞台の本番のために稽古を繰り返すことも、一つの労働の形という認識です。労働という意味では、バイトか芝居しかしたことがないので、他と比べようがない(笑)」

 俳優とそれ以外という、仕事のカテゴリーに関してだけではない。映像と舞台、自分と他の俳優など、徹底して“比較”でものを語らない人である。俳優としてではなく、一人の人間としてどう生きていきたいかと訊くと、「たくさん“もの”を持ちたいという意識は、あまりないです」という答えが返ってきた。

「欲しいものがあるとしたら、経験値ですね。とにかく、いろんな経験を積みたい。満足かどうかを決めるのは、“もの”ではなくて、その人の心一つだと思うんです。今思えば、僕も20代で仕事がまったくないときに、バイトしたり映画を観たりする以外に、積極的に旅に出たことで自分の感情の動きに気づけた。経験って、一つでも多くの心の中の変化を感じることじゃないのかな。お陰で最近は、別に遠いところに行かなくても、近所を散歩しながら、日常のちょっとしたことにも感動できるようになりました(笑)」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい