ミッツ・マングローブ「アスリートに潜む矛盾と性、そして衝撃の事実」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「アスリートに潜む矛盾と性、そして衝撃の事実」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
『スポーツ選手』を『アスリート』と呼ぶようになった風潮に関してだけは、一度ちゃんと向き合っておかなくてはと思い、考えてみました (※写真はイメージ)

『スポーツ選手』を『アスリート』と呼ぶようになった風潮に関してだけは、一度ちゃんと向き合っておかなくてはと思い、考えてみました (※写真はイメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「アスリート」を取り上げる。

*  *  *
 先日、とある番組で『ジーンズ→デニム』『ホットケーキ→パンケーキ』のような、時代によって変化するカタカナ言葉の話になりました。今さらスイーツだろうとタブレットだろうとLGBTだろうと何でも構わないのですが、いつからか『スポーツ選手』を『アスリート』と呼ぶようになった風潮に関してだけは、一度ちゃんと向き合っておかなくてはと思い、考えてみました。

 私の中にある『アスリート原風景』は、『筋肉番付』や『SASUKE』といった番組の中、日々是己の限界と闘い続けていた筋肉信者たちの姿です。「あらゆる欲を捨て、追い込み抜いた肉体のみを信じ、さらなる高みを目指すため、跳び箱を一段増やす!」みたいな。「イイ大人がどうして?」なんて戯言は言いっこなしの愚直過ぎる世界。『アスリート』という響きには、競技の上手下手よりも、勝負の世界や自らの肉体に対する精神性に重きを置いた、極めて個人的な流儀、資質、もしくは世間の願望のようなものが多分に含まれている気がします。

 一方で、『精神性』と言いながらも、その肉体はスポーツ科学や統計学といった理論的な裏付けによって構築されていないと、アスリートとしては意味を成しません。フィジカルなのにロジカル。ただ大きい、ただ力持ち、ただひたすら根性では通用しないのが、現在の『アスリート型スポーツ界』なのだとすれば、(偏見甚だしいことは承知の上で敢えて書きますが)『アスリートとは知的でなくてはならない』。スポーツ選手との最たる違いはこれではないでしょうか。

『筋肉がやたら研ぎ澄まされている』のもアスリートの特徴です。筋肉は『摂生』と『孤高』の証しであり、その質とバランスは『洗練』や『知性』すら醸し出してくれます。市川海老蔵にどことなくアスリート感があるのは、間違いなく『筋肉』の押し出しの強さ故ですし、イチローの登場と存在によって、それまでセカンドバッグ率9割だったプロ野球界は、極めてアスリート的に洗練されたと言えます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい