フジマキ氏「トランプ米大統領の“口撃”、円は危険通貨に」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フジマキ氏「トランプ米大統領の“口撃”、円は危険通貨に」

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
言動が物議を醸しているトランプ米大統領 (c)朝日新聞社

言動が物議を醸しているトランプ米大統領 (c)朝日新聞社

 トランプ米大統領の影響を大きく受ける日本経済。“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、トランプ氏を説得できないと、円の大暴落もありうると危機感を募らせる。

*  *  *
 国会の議員会館のトイレに、「トイレットペーパーを盗まないでください」と貼り紙があり、驚いた。

「議員が盗むようならば、この国もおしまい」と思ったが、会館には陳情の方など議員以外も大勢出入りする。だれの仕業かわからないが、どんなところにも非常識な人はいるようだ。

★   ★
 品がないとか、過激すぎるとか、トランプ米大統領の一挙一動に、日本中が大騒ぎだ。非常識な言動との批判もあるが、経済に関しては理にかなった発言も多い。「白い猫でも黒い猫でも、ネズミを捕まえる猫はよい猫」(鄧小平)との発想で、私は彼をみていた。トランプ氏のもとで、米国経済は一人勝ちするのではないかと感じていた。

 しかし、1月31日の日本への「円安誘導批判」には身構えた。

 2月1日付朝日新聞は「トランプ氏、金融緩和批判」の見出しの記事で、

〈他国は、通貨やマネーサプライ、通貨の切り下げを利用し、我々を出し抜いている。(中略)日本がこの数年でやってきたことをみてみろ。彼らは金融市場を利用している〉

 との発言を伝えた。これを受け、急激に円高が進み、一時は昨年11月30日以来の円高ドル安水準の112.08円をつけた。

 私が身構えた理由は、トランプ氏の思い通りに円高が進むと思ったからではない。当コラムで以前に書いたように、米大統領といえども口先介入だけで通貨を動かせない(円のように実力より強すぎる通貨の通貨安誘導はできると思う)。

 金利を動かせば、為替も動く。トランプ氏が、異次元の量的緩和中止を本気で求めるならば、日本の緊急事態発生だ。トヨタ問題どころの騒ぎではない。

 私は今まで、以下のようなシナリオを描いていた。

 日米金利差の拡大で、ドル高円安が進行。消費者物価指数(CPI)の上昇率2%も実現する。すると、「公約達成だから量的緩和をやめる」と言う日銀と、「継続せよ」と言う政府とが対立する。やめると政府は資金繰りに窮するため、日銀は政府に屈して紙幣を刷り続ける。最後はハイパーインフレの到来……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい