やっぱり「政争の具」になった退位問題 天皇の「ご意向」に怯える安倍政権 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

やっぱり「政争の具」になった退位問題 天皇の「ご意向」に怯える安倍政権

このエントリーをはてなブックマークに追加

歌会始の儀に出席した天皇、皇后両陛下 (c)朝日新聞社

歌会始の儀に出席した天皇、皇后両陛下 (c)朝日新聞社

 天皇陛下の退位に向けた政府の有識者会議の論点整理がまとまり、国会で論戦が始まった。論点整理は今上天皇一代限りの退位を特例法で定める安倍政権の方針を強く後押ししたものだった。だが、“菊のカーテン”の裏で逆襲にあい、安倍政権は“ご意向”に怯えているという。

「当然、必要であれば改正いたします」

 1月26日に開かれた衆院予算委員会で、細野豪志氏(民進党)から皇位継承や女性宮家創設を含めた皇室典範改正について問われた安倍首相はこう踏み込んだ。

「特例法ありき」だった方針の転換ともとれる発言だけに、周囲を驚かせた。裏で一体、何があったのか。

 官邸では、1月13日の新年恒例の「歌会始の儀」で天皇陛下が<邯鄲(かんたん)の鳴く音(ね)聞かむと那須の野に集(つど)ひし夜(よる)をなつかしみ思ふ>と詠んだ御歌が話題になったという。歌は静養先の那須御用邸(栃木県)でコオロギに似た昆虫・邯鄲の声を聞いたときのことを懐かしんだという内容だが、政治ジャーナリストの角谷浩一氏がこう解説する。

「官邸では陛下の御歌が深読みされ、恐れられています。邯鄲の連語として『邯鄲の夢』という故事が有名で、出世を望んだ青年が中国・邯鄲で出会った道士から栄華が思いのままになるという枕を借り、仮寝をすると、栄枯盛衰の50年の夢を見たが、覚めればつかの間のことだったという内容です。安倍首相が権力の名をほしいままにしているが、長い歴史の中では一時。『これは陛下からの政権に対するメッセージではないか』という噂が永田町で広がっています」

 国会での論戦でも安倍首相は押され気味だ。

 1月23日、衆院本会議の代表質問で登壇した民進党の野田佳彦幹事長が「国民の多くが特例法よりも皇室典範改正による退位の恒久制度化を求めている」と迫った。

 首相側近の自民党議員はこう舌を巻いた。

「正直、かなり踏み込んで、よくできた皇室典範改正論で迫力があった」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい