蓮舫「政党は迷いませんでした」自民でなく民主を選んだ理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

蓮舫「政党は迷いませんでした」自民でなく民主を選んだ理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
民進党代表 蓮舫(れんほう)/1967年、東京都生まれ。88年、クラリオンガールに選出され芸能界デビュー。90年、青山学院大学法学部卒業。タレントとして活躍後、キャスターに転身。2004年、参議院議員選挙に東京都選挙区で旧民主党から立候補して当選。16年9月から民進党代表。文教科学委員会委員、国家基本政策委員会委員を務める(撮影/山本倫子)

民進党代表 蓮舫(れんほう)/1967年、東京都生まれ。88年、クラリオンガールに選出され芸能界デビュー。90年、青山学院大学法学部卒業。タレントとして活躍後、キャスターに転身。2004年、参議院議員選挙に東京都選挙区で旧民主党から立候補して当選。16年9月から民進党代表。文教科学委員会委員、国家基本政策委員会委員を務める(撮影/山本倫子)

 国会中継などではキリッと厳しい表情を見せることが多い蓮舫さん。しかしこの日はリラックスモード。政治家として民主党を選んだ決め手を作家の林真理子さんが伺いました。

*  *  *
林:いろんな政党から誘いがあったと思いますが、どうして民主党を選んだんですか。与党である自民党から出たほうが、早く階段を上れるとは思わなかったんですか。

蓮舫:それは考えたことないなぁ。私、バブルの最後の世代なんです。学生のころにはリクルート事件が起こり、当時は自民党の竹下内閣でしたが、政治は私たちを見てくれてないと感じていました。就活ではものすごい売り手市場だった一方で、就職後すぐにバブルが崩壊し、スキルがない新人であるがゆえに真っ先にリストラされる仲間をたくさん見てきました。豊かさも知ってるけど、その後の暗転も知っている世代なんです。自分なりに勉強すると、社会保障給付は8割が高齢者のために使われ、子どもたちに使われるのはほんのわずか。借金は1千兆円にふくれている。政治は次の世代に何もしてくれていないどころか、大きなツケを残している。当時の自民党に取って代わる政党がなければと考えていたころ、旧民主党からお話をいただきました。政治家になるかどうかは悩みましたが、政党は迷いませんでした。

林:自民党からも話があったけど?

蓮舫:迷いませんでした。

林:当時、民主党ってカッコよかったですもんね。

蓮舫:でも旧民主党はずっとカッコよかったわけではなくて、私が立候補した04年は年金未納問題で菅(直人)さんが代表をお辞めになるとか、いろいろなトラブルがあった時期でした。いいときもあれば悪いときもある。一時的な風に乗るつもりはありませんでした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい