ミッツ・マングローブ「オネエ・ビジネス─新たなる課題と抱負─」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「オネエ・ビジネス─新たなる課題と抱負─」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ氏、突如かけられた「ビジネス・オネエ疑惑」に困惑 (※写真はイメージ)

ミッツ氏、突如かけられた「ビジネス・オネエ疑惑」に困惑 (※写真はイメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「オネエ・ビジネス」を取り上げる。

*  *  *
 今年もひとつよろしくお願いいたします。人気者に付いて回るものと言えば『疑惑』です。昨年も様々な疑惑とその真相、そして顛末にざわついた一年でした。不正、不倫、薬物といった『お咎め』の対象となり得る疑惑から、何も悪いことはしていないのに何故か疑惑扱いされるカツラ、整形、同性愛まで。隠せば隠すほど疑惑を持たれ暴かれるのは、間違いなく人気者の証しです。私が人気者かどうかは別にして、私のように「一般的には隠しておきたいとされる事柄」も、割と詳らかにしている人種というのは、「暴き甲斐」がないと見做され、スキャンダル価値が低くなります。私がすっぴん・部屋着姿を撮られたとしても、本人的にさほどダメージを受けないのであれば、それはスクープとしての値打ちがないのです。

 私にとって『どうしても隠さなければならない秘密』など果たしてあるのでしょうか。つくづく神秘性に乏しいつまらないタレントだと痛感する毎日なのですが、先日、『ミッツ・マングローブの疑惑?』なる記事を見つけました。カツラも被れば、ちょっとした整形もする、同性愛者の私に、今さら何の疑惑が? もしかして脱税? あんなに払ってるのに? 驚くなかれ、私にかけられた疑惑とは、なんと『ビジネス・オネエ疑惑』。要は、商売の便宜上『オネエ・同性愛者』と偽っているということ。なるほど。仮に私が『ビジネス・オネエ』だとしたら、なかなか手の込んだ芝居を上手に繰り広げるエンタテイナーであり、かつそれなりの利益を上げている優秀なビジネスマンです。トウの立った女装家なんてものより、よっぽど面白みがあるかもしれません。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい