国内で「一石二鳥」はほぼ無理…春風亭一之輔があれこれ考える (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

国内で「一石二鳥」はほぼ無理…春風亭一之輔があれこれ考える

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「一石二鳥」はむしろ面倒くさい? (※写真はイメージ)

「一石二鳥」はむしろ面倒くさい? (※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「一石二鳥」。

*  *  *
 元々イギリスのことわざだそうな、《一石二鳥》。

 イギリスの方々は簡単に言うけど、一つの石で鳥を2羽同時に落とすなんてこと、本当にできるんだろうか?

「いやいや、『たとえ』だから」ってあなたは言います? いや、たとえ“たとえ”だとしてもね、できるか否かは問題です。できないこと言われてもさ。けっこう難しそうだよな、《一石二鳥》。技、いるよね。

 実践しようったって、気軽に「やってみっか!」というわけにはいかないし。街なかで鳥に投石するのは度胸が必要。リスクが大きすぎ。駅前で鳥をぶち落とせるスケールの石をビュンビュン空に投げてたら、まず110番通報されます。捕まりたくない。私、子供3人いるし。

 とりあえず、実際に投げるのは我慢して近所の公園で《一石二鳥》のシミュレーションをしてみましょう。

 寄席の帰りに浅草寺の境内に行ってみました。空も地べたも鳩だらけ。鳩はグループでみな近い距離を保ちながら飛んでいる。これなら《一石二鳥》いけるかもしれないな。

 だが現場は観光客だらけ。ここで投石すればまさにパニック。仮に鳩に当たったとしても、その鳩が血を噴きだしながら観光客の真ん中に落下したら、パニックは2乗になるでしょう。武器たる石は境内に豊富に転がっているのに残念。

 そもそも、直撃すれば1羽は打ち落とせるだろうけど、2羽はどうか? 1羽目の頭頂部や羽を射ぬいて仕留めるのはまぁいい。浅草寺の鳩の数なら数打ちゃ当たるでしょう。

 しかしその勢いを持続したまま2羽目に命中させねばならない。これは技というより、パワーです。コントロールより、いかに重くて速い石を投げるかのほうが大事な気がします。

《一石二鳥》するにはまず肩をつくるところから始めましょう。野球ボールを投げ込んでから、石を投げる練習かな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい