2年前に「老朽化で危険」論文 “電線火災”対策で東電の苦境

2016/10/26 07:00

 前門の虎、後門の狼──。東京電力の経営陣はこんな心境ではないだろうか。東京都内の約58万戸が停電した地中送電ケーブル火災を受けて東電は安全対策に乗り出しているが、東日本大震災による福島第一原発事故の賠償金、廃炉費用などにも巨額な資金を必要としており、さらなる難題が降りかかった形だ。

あわせて読みたい

  • 「温室効果ガス排出ゼロ」を目指すも自然エネルギーに立ちはだかる「送電線の容量不足問題」「先着優先ルール」 試される政府の本気度

    「温室効果ガス排出ゼロ」を目指すも自然エネルギーに立ちはだかる「送電線の容量不足問題」「先着優先ルール」 試される政府の本気度

    AERA

    1/1

    11月9日~11月15日は「秋の火災予防運動」 火の用心を

    11月9日~11月15日は「秋の火災予防運動」 火の用心を

    tenki.jp

    11/9

  • 「電気は貯められる」 NAS電池は日本の再エネ普及を進めるか?

    「電気は貯められる」 NAS電池は日本の再エネ普及を進めるか?

    dot.

    2/27

    3月7日は「消防記念日」。火災対策は大丈夫ですか?

    3月7日は「消防記念日」。火災対策は大丈夫ですか?

    tenki.jp

    3/7

  • スペイン最新鋭施設「再エネだけで電力供給の8割」

    スペイン最新鋭施設「再エネだけで電力供給の8割」

    週刊朝日

    1/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す