「ほっといてんか」! W炭水化物“注意”に大阪人から非難轟々 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ほっといてんか」! W炭水化物“注意”に大阪人から非難轟々

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#健康
麺類やお好み焼きなどとご飯類を一緒に食べるのが好きな人は、肥満度が高い(※イメージ)

麺類やお好み焼きなどとご飯類を一緒に食べるのが好きな人は、肥満度が高い(※イメージ)

 麺類やお好み焼きなどとご飯類を一緒に食べるのが好きな人は、肥満度が高い──。大阪府がまとめた「健康・栄養調査」の結果が波紋を広げている。

 調査によると、BMI(体格指数)の高い「肥満」の男性の約71%、女性の約56%が「きつねうどんとかやくご飯」「お好み焼き定食」など炭水化物の「重ね食べ」を週1回以上しているという。府では重ね食べを控えるよう呼びかけた。

 調査を主幹する健康づくり課は、あくまでも“注意”で「否定はしておりません」。とはいうものの、この結果は、“粉もん”を愛する大阪人にとってアイデンティティーに関わる大問題。ネット上でも「大きなお世話」「好きなもん食べたらええ」「無理」と非難囂々だ。

 日本コナモン協会の会長の熊谷真菜さんは、

「大阪ではソース味の洋食文化が早くから庶民に行き渡っていて、ソースとご飯の食べ合わせの味が大好きなんですね。うどんなどのおだしの味も、ご飯と相性がいい。おいしく残さずいただきたい、そんな大阪独特のグルメ感覚が、日常的なW(ダブル)炭水化物につながっていくのではと思います」

 熊谷会長は、粉もんは、本来野菜やタンパク質も一緒にとれる、バランスのいい料理だと言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい