肉フェスで食中毒157人 “生肉騒動”再燃か (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

肉フェスで食中毒157人 “生肉騒動”再燃か

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気イベントの肉フェスで…(※イメージ)

人気イベントの肉フェスで…(※イメージ)

 ゴールデンウィーク中に開催された人気フードイベント「肉フェス 2016春」。会場となった東京・お台場と福岡で男女合わせて157人が食中毒を発症する事態となった。

 すべての患者が口にしたのが「ハーブチキンささみ寿司」と「鶏むね肉のたたき寿司」。軽く火の通った鶏肉を寿司仕立てにしたものだが、保健所の検査の結果、カンピロバクター菌が検出された。これにより、<ユッケ、レバ刺し騒動、再び!?>という事態も懸念されている。

 2011年、焼き肉チェーン店が提供したユッケ肉が原因で、腸管出血性大腸菌O111による集団食中毒が発生。5人が死亡した。社長の号泣土下座謝罪も大きな話題を集めたが、この事件を機に、「レバ刺し」や「ユッケ」が、料理店から姿を消した。

 今回の集団食中毒の影響で、今度は「鶏刺し」や「鶏わさ」が姿を消してしまう可能性はあるのだろうか。

 厚生労働省は現在、牛レバーと豚肉・豚レバーの生食用としての販売・提供を禁止し、他にも<生食用の牛肉については、表面から深さ1cm以上の部分の加熱(60℃で2分間)>などを義務づけ、加熱を推奨するが、法的な強制力はない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい