田原総一朗「原発をめぐり真っ二つに割れた司法判断が意味すること」

ギロン堂

原発

2016/04/18 07:00

 原発の稼働をめぐって司法の判断が2つに割れたことについてジャーナリストの田原総一朗氏は、原発問題を論じる上で自分自身の意見を持つ必要があるという。

あわせて読みたい

  • 民進党政調会長・山尾志桜里「原発ゼロはようやくまとまった党是です」

    民進党政調会長・山尾志桜里「原発ゼロはようやくまとまった党是です」

    週刊朝日

    4/29

    避難計画は“他人事” 川内原発再稼動ありきの安全神話を信じるな

    避難計画は“他人事” 川内原発再稼動ありきの安全神話を信じるな

    週刊朝日

    7/23

  • 川内原発 消えぬ火山噴火リスクへの不安

    川内原発 消えぬ火山噴火リスクへの不安

    AERA

    11/11

    地震学者が「川内原発の審査は『耐震偽装』ともいえる大問題」と警告

    地震学者が「川内原発の審査は『耐震偽装』ともいえる大問題」と警告

    週刊朝日

    9/29

  • 国際基準では「動かしてはいけない」はずが…稼働続ける川内原発

    国際基準では「動かしてはいけない」はずが…稼働続ける川内原発

    AERA

    4/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す