徳川宗家19代目・徳川家広「『元和偃武』の本当の意味とは?」

2016/02/16 07:00

 昨年、没後400年を迎えた徳川家康。1615年に元号を「元和(げんな)」とした家康だが、戦乱が続いた当時の日本の未来を見据えた宣言だったと、徳川宗家19代目・徳川家広氏は解説する。

あわせて読みたい

  • 徳川宗家19代目・徳川家広「将軍と大名の本当の関係とは?」

    徳川宗家19代目・徳川家広「将軍と大名の本当の関係とは?」

    週刊朝日

    2/23

    徳川家康と「犬のように忠節」だった三河武士たちの絆 家臣団の結束を強めた“苦境”とは?

    徳川家康と「犬のように忠節」だった三河武士たちの絆 家臣団の結束を強めた“苦境”とは?

    dot.

    1/6

  • 「徳川家康の死因は天ぷらの食べ過ぎ」じゃなかった!? 現代の医師が診断
    筆者の顔写真

    早川智

    「徳川家康の死因は天ぷらの食べ過ぎ」じゃなかった!? 現代の医師が診断

    dot.

    8/31

    徳川宗家19代目・徳川家広「第二の秀吉を封じ込める」

    徳川宗家19代目・徳川家広「第二の秀吉を封じ込める」

    週刊朝日

    2/29

  • 徳川宗家19代目・徳川家広「平和のために日本の人口を東へ移す大戦略を実行した」

    徳川宗家19代目・徳川家広「平和のために日本の人口を東へ移す大戦略を実行した」

    週刊朝日

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す