注目ワード

築地市場   佳子さま   米大統領選   北朝鮮   がん

兵庫県警警察官3連続自殺の怪 母親が涙の告発「息子はパワハラで殺された」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2015/11/11 07:00)

1カ月間で20代の警察官が3人も自殺した…(※イメージ)

1カ月間で20代の警察官が3人も自殺した…(※イメージ)

 兵庫県警では9月末から1カ月間で20代の警察官が3人も自殺するという異常事態が発生している。うち一人の巡査の母親が本誌に「県警内部のいじめで息子が自殺した」と涙ながらに訴えた。

 山本翔さん(23)が自殺したのは9月28日夜――。

 兵庫県警機動隊第一中隊第一小隊に所属していた翔さんは、機動隊の独身寮「雄飛寮」の3階の自室のドアにロープをかけ、首を吊って自殺した。

 母親の直美さん(43)は涙ながらに訴える。

「翔が自殺したのは、県警機動隊内部のいじめや嫌がらせにあったからです。翔が残した遺書や交際していた彼女へのラインにハッキリ書いてありました」

 当日、翔さんは婚約者のAさんのラインに、約10通のメッセージを送っていた。

翔さん「これ以上マルキ(機動隊のこと)には耐えられん。死にたい。この世から本当に消えたいと思えるくらいつらい」(午前10時44分)

Aさん「あたしを置いていなくなったらあかん。それはずーっというてるやん」(同)

翔さん「やから朝からずぅーと自殺したいとか考えてまうんよ。今日だってそうやし、この前もいろんなこと言われてこれ以上耐えられん。ずっと死にたいことしか考えられん。やから今日休みもらった」(同)

Aさん「そんなんして誰か喜ぶん? お母さんはおじいちゃんは弟は皆悲しむよ。そんなんなるんならお仕事やめていい。あたしが翔ちゃんの面倒みる。いっぱい働くから」(午前10時45分)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


【関連記事】


このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアでdot.をフォロー