高橋尚成 引退試合でかなわなかった「由伸の打席」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高橋尚成 引退試合でかなわなかった「由伸の打席」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
高橋尚成(たかはし・ひさのり) 40歳1975年、東京都生まれ。99年、東芝から巨人に入団。2007年に最優秀防御率。10~13年大リーグ・メッツなど、14年~DeNA。日米通算成績93勝85敗25セーブ、防御率3.82(撮影/遠崎智宏)

高橋尚成(たかはし・ひさのり) 40歳
1975年、東京都生まれ。99年、東芝から巨人に入団。2007年に最優秀防御率。10~13年大リーグ・メッツなど、14年~DeNA。日米通算成績93勝85敗25セーブ、防御率3.82(撮影/遠崎智宏)

 プロ生活で一番シビれたバッターは、やっぱり松井(秀喜)さん。ジャイアンツ時代に近くで見ていた松井さんとアメリカで初めて対戦した。すごくワクワクしたし、身震いもしました。同じ舞台に立てたというのがすごく嬉しかった。

 最後の試合はジャイアンツ戦。引退セレモニーで、(高橋)由伸と抱き合ったときは「お疲れ様」「ありがとう」と。由伸と僕は同い年で、長く一緒にやってきて、いい思いもつらい思いも共有してきた。僕がタイトルとったときも由伸が守ってくれて、ホームランもたくさん打ってくれた。彼に対する思い入れはすごく強くて、実は「最後のバッターやってくれないか」って頼んでたんです。ジャイアンツが優勝とクライマックスシリーズ出場をまだ争ってる中、由伸は「いいよ」って言ってくれて。かなわなかったけれど、すごく感謝してます。彼の存在がなかったら、ここまで長くやってなかった。

 今はとにかく寝て、食べて、ぐだぐだになるくらいゆっくりしたいですね。

週刊朝日 2015年11月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい