常盤貴子 “連ドラの女王”から卒業したかった?

2015/08/22 16:00

 ずっと、“映画女優”に憧れていた常盤貴子さん。20代の前半、出演したドラマが次々にヒットし、“連ドラの女王”と呼ばれていた頃、ふと、「このままでは空っぽになってしまう」と思った。俳優を辞めることも覚悟の上で、「映画がやりたいです」と、事務所の社長に直談判した。「誰とやりたいんだ」と聞かれ、香港映画が大好きだった彼女は、「レスリー・チャンさん」と答えた。憧れの人だった。

あわせて読みたい

  • 堀北真希は女子会がニガテ? 「私、人と価値観が違うところが多くて…」

    堀北真希は女子会がニガテ? 「私、人と価値観が違うところが多くて…」

    週刊朝日

    11/25

    常盤貴子は6役に挑戦…大林宣彦監督が「海辺の映画館」に込めた願い

    常盤貴子は6役に挑戦…大林宣彦監督が「海辺の映画館」に込めた願い

    週刊朝日

    7/30

  • 「裁判傍聴」で人間観察 常盤貴子がレスリー・チャンから学んだこと

    「裁判傍聴」で人間観察 常盤貴子がレスリー・チャンから学んだこと

    週刊朝日

    1/27

    福士誠治「役者ほど将来が保証されてない仕事はない」

    福士誠治「役者ほど将来が保証されてない仕事はない」

    週刊朝日

    2/15

  • 常盤貴子 女子高生に「えっ、こんなおばちゃん知ってるの?」と驚く

    常盤貴子 女子高生に「えっ、こんなおばちゃん知ってるの?」と驚く

    週刊朝日

    8/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す