丸山茂樹 リオ五輪監督に意欲「金メダルに貢献したい」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 リオ五輪監督に意欲「金メダルに貢献したい」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

※イメージ

※イメージ

 プロゴルファーの丸山茂樹氏は、来年のリオデジャネイロ五輪への思いをこう語る。

*  *  *
 4大メジャー第3戦「全英オープンゴルフ選手権」(7月16~20日)のテレビ解説者として、英国・セントアンドルーズへ行って参りました!

「聖地」セントアンドルーズのオールドコースで開かれた大会は、強風や大雨で27年ぶりに1日順延。みなさんご存じの通り、優勝はザック・ジョンソン(39)=米国=でした。

 ジョンソンはルイ・ウェストヘーゼン(南ア)、マーク・リーシュマン(豪州)とともに通算15アンダーで並んで、4ホールで争うプレーオフに臨みました。2バーディー、1ボギーとまとめ、2007年マスターズに続くメジャー2勝目を手にしました。

 ジョンソンは僕の少しあとから米PGAツアーにデビューしてきたので、プレーぶりはよく知ってます。飛距離は当時からたいしたことなくて、僕の方が上回ってたぐらいでした。全英オープン終了時点のランキングで、彼のティーショットの平均飛距離は米ツアーで164位ですからね。

 だけどショットとパットの正確性は、間違いなくトップクラス。まあ、ショットは曲がらない、曲がらない。パットについては、全英オープン最終日の本戦18ホールで26パットと最少でした。大会を通じても2番目に少なかったんです。「精密機械」ぶりに磨きをかけたジョンソンの勝利でしたね。

 今年のマスターズ、全米オープンとメジャー2連勝してきたジョーダン・スピース(米)は、プレーオフ進出に1打及びませんでした。3連勝とはいきませんでしたけど、やっぱり彼は半端じゃないですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい