なぜウケるのか!? あつい修造がいま熱いワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜウケるのか!? あつい修造がいま熱いワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
解くだけで人生が変わる! 修造ドリルAmazonで購入する

解くだけで人生が変わる! 修造ドリル
Amazonで購入する

「崖っぷち、だーい好き」「失敗しても全然OK!」

 熱いメッセージが人気のスポーツキャスター、松岡修造氏(47)の本が売れている。

 4月に出版した『修造ドリル』(アスコム)は9万部売れて好調だ。同社では『人生を変える修造思考!』『松岡修造の人生を強く生きる83の言葉』に続く3冊目の修造本だ。

 昨年9月に発売したカレンダー「日めくり まいにち、修造!」は、発売元のPHP研究所によれば95万部が売れた。都内の大手書店では、

「松岡修造さんのカレンダーを贈り物にしたいので、包んでくださいというお客様がとても多いんですよ。前向きな言葉がウケているようです」(書店員)

 他人をひたすら励ます松岡氏だが、かつて挫折し、どん底にいたことはあまり知られていない。20年前、デビスカップ・フィリピン戦で敗れ、テニスをやめたい、死にたいと落ち込んだことがあったという。

 そんなときに出会ったのが、政財界、スポーツ界などに幅広く信奉者がいる行徳哲男氏。行徳氏は自己啓発セミナー「日本BE研究所」を主宰し、プロゴルファーの青木功氏、ソフトバンク元監督の王貞治氏など著名人とも親しかったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい