ルーツには「日本ワインの父」 人気高まる“黒い女王”

日本ワインの食卓

2015/06/06 16:00

 ブラック・クイーン(黒い女王)。強烈な印象を持つワイン名はブドウの名前だ。このブドウは1927年に、「日本ワインの父」と呼ばれる川上善兵衛によって交配されて作られた。黒々とした果皮に、一般的な赤ワイン用ブドウの約3倍という強い酸味。そのため、ワインブドウとしては主流にはなれず、長野県安曇野市にあるスイス村ワイナリーでも、ワインやジュースの色付けや酸味を補うために使われてきた。

あわせて読みたい

  • マスカット・ベーリーAの生みの親が手掛けた「岩の原ワイン」

    マスカット・ベーリーAの生みの親が手掛けた「岩の原ワイン」

    週刊朝日

    10/3

    厳選したブドウを贅沢に シュール・リー製法の甲州ワインとは?

    厳選したブドウを贅沢に シュール・リー製法の甲州ワインとは?

    週刊朝日

    11/29

  • イチゴのような香り…九州で生まれた“溌剌白ワイン”とは?

    イチゴのような香り…九州で生まれた“溌剌白ワイン”とは?

    週刊朝日

    1/29

    “もともと”の酵母を生かして 豊かな果実味の北海道産赤ワイン

    “もともと”の酵母を生かして 豊かな果実味の北海道産赤ワイン

    週刊朝日

    2/20

  • 米を捨てブドウを 秋冷えが生んだ山形「ソレイユ・ルバン」

    米を捨てブドウを 秋冷えが生んだ山形「ソレイユ・ルバン」

    週刊朝日

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す